プリザーブドフラワーとは

昔は花を飾るといえば生花か造花、もしくは生花を乾燥させたドライフラワーくらいしかありませんでした。

生花は本来の花が持つ美しさや香りを楽しむことが出来ますが、数日のうちに枯れてしまって長く持たせることは出来ませんし、造花はいつまでも飾っておけますが人工的すぎてあまり美しいとはいえません。

そんな中で90年代にヨーロッパで登場したのがプリザーブドフラワーと呼ばれる加工生花です。


日本では2000年代に入ってから本格的な広がりを見せるようになりました。
生花に2種類の科学液で脱水、脱色を行った後に着色をすることで、香りはありませんが見た目は生花そのままで、水やり不要で生の美しさをぐんと長持ちさせられるという画期的な手法で瞬く間に人気をはくしました。

誕生日にプリザーブドフラワーに対して関心度が高まっています。

プリザーブドフラワーのやり方やアレンジメントを学ぶスクールなどもありますし、ギフト用に作ってもらうことも出来ますが、自宅で自分で作ることも可能で、そのための液を販売しているところもありますし、作り方も本やネットで簡単に探すことが出来ます。
世話いらずでも枯れない夢のようなフラワーですが、弱点もあります。
それは光と湿気に弱いことです。

4yuuu!情報がリニューアルしました。

それによって色あせを招き美しさが劣化していきますので、特に何もカバー等の保護をしなければせいぜい2年くらいが限度となります。


日本の場合は気候的にはプリザーブドフラワーを長持ちさせるのにはどちらかというと不向きともいえるのです。


また生花に比べると割高ではありますし、ずっと同じ花だと飽きてくるという心理的な面もありますが、贈り物などには軽くて手作り感もあるので最適ともいえます。