プリザーブドフラワーの魅力と利点

category01

花というと、大切な人や、お世話になった方に贈るときも、自分が頂くときにも、悩ましいのは、日々傷みあっという間に枯れてしまうこと。

そんな生花の難点を補ってくれ、重宝するのが、プリザーブドフラワーです。
プリザーブドフラワーは、特殊な液体に花や葉を入れ、一度生花の水分を抜くことによって、劣化をおさえる効果があり、また、重量も軽くなるので、イベントなどでも重宝されています。



見た目の華やかさを損なうことなく、加工ができ、もらっても、あげても、その後の手入れの手間をおさえ、より花を楽しむことの出来るようあみ出された手法です。
また、花粉をおさえる効果もあるので、アレルギーのある方にも優しく、病院に持って行くにも迷惑がかかりにくいというメリットもあります。

環境にもよりますが、置く場所が、花に著しく悪い環境でなければ、生花よりだいぶ長く花を楽しむことが出来ます。値段は生花より上がってしまいますが、これらの点から、様々なシーンで活用されつつあります。

iemoについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

特徴として、花をつめたかたちで液体につけて加工するので、花と花の距離が空いているようなアレンジメントだと実現が難しかったり、乾燥させるので、生花よりもろいので、ていねいに扱う必要はあります。
しかし、何といっても、劣化をおそく出来るというのは、花を楽しむ以上、この上ないメリット。

プリザーブドフラワーに関するお悩み解決にはこちらです。

プリザーブドフラワーは、ここぞというときに効果的に花の魅力を楽しませてくれるものとして教室などもあるので、ご自分で作られても、また楽しみが増えるでしょう。

納得の事実

category02

生花よりもきれいな姿を保つことが出来るプリザーブドフラワーは贈り物に人気があります。特に花と言うと女性への贈り物、誕生日や母の日などのイベントに喜ばれます。...

subpage

これで完璧!贈り物

category02

昔は花を飾るといえば生花か造花、もしくは生花を乾燥させたドライフラワーくらいしかありませんでした。生花は本来の花が持つ美しさや香りを楽しむことが出来ますが、数日のうちに枯れてしまって長く持たせることは出来ませんし、造花はいつまでも飾っておけますが人工的すぎてあまり美しいとはいえません。...

subpage

贈り物を知るべき!

category03

大切な人に贈り物をするとき、美しさの代名詞でもある花を選ぶ人が多くいます。見る人に微笑みや笑顔を与え、心に温かみをもたらしてくれる存在であるほか、嫌いだという人が少ないからです。...

subpage

贈り物の情報まとめ

category04

プリザーブドフラワーは、特殊な液を用い、新鮮な花や葉を加工したものを言います。おおまかな製造過程は、生花や葉の水分を抜き、潤滑油入りの着色液に漬け、乾燥させます。...

subpage